2013年06月22日

布団型マットレス!トゥルースリーパーコンフォートとは

ベッドで使う低反発マットレスが多い中、「トゥルースリーパー コンフォート」は、敷布団派の方でも使用できる低反発マットレスです。



マットレスがなくても、床に直に敷いて使えます。

敷布団がなくても、このマットレスの上にゴロンと横になって、そのまま眠ることができるそうなんです。



我が家のように、敷布団派だけど、マットレスの収納場所がなく使っていないという方でも、このマットレスは3つ折りになり、わりと省スペースで収納できるからすっきり片付けることができそうです。



最近、歳のせいでしょうか。

今まで野球のキャッチャーをしていて、全く腰痛知らずだった旦那が、朝起きてくると、よく「腰が痛い」と言うようになりました。

ひどい時だと、ぎっくり腰やっちゃった?みたいな、まっすぐに立つことも、スラスラ歩くこともできない状態で起きてくるのです。

なんだかかわいそうなんですが。



そんな旦那の腰痛のこともあり、以前から興味のあった「トゥルースリーパー」の敷布団派のためのマットレスを購入しようかと考えています。

マットレスの厚さが7センチもあるので、きっと自分の体にぴったりフィットすると期待しております!



そして、旦那の腰痛が少しでも改善することを、期待します!
posted by トゥルースリーパー at 02:17| Comment(0) | トゥルースリーパーコンフォート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

嘘かと思うぐらい寝心地が良い!トゥルースリーパー

私はどこでも寝れるタイプなので、寝具に関するCMは余り見ないのですが、ショップジャパンのトゥルースリーパーの寝心地が最高というのは気になります。

トゥルースリーパーはNASAが開発した低反発素材をヒントにして作られており、弾力性・復元性にすぐれている寝具です。

トゥルースリーパーには、ベッドや敷布団に敷く「プレミアム」、寝返りの多い人用の「エクサレント」、畳や床に直接敷いて使用する「コンフォート」の3種があるようです。

トゥルースリーパーは「快眠」を追求しているので、オーダーメイドのように体にぴったりフィットして体圧を分散させ、体への負担がかかりにくい構造のマットレスとの売り込みです。

実際に使用した人からの口コミでの評判も概ね良好で、「睡眠の質が高くなった」、「嘘かと思うぐらい寝心地が良い」との声が聞かれます。

中には「腰痛が悪くなった」という方もおられるようです。

トゥルースリーパーは高価な商品なので、お試ししてからと思われる人には、トゥルースリーパーを採用しているホテルでのお泊まりも良いと思います。

またトゥルースリーパーを購入の際には「60日間返品保証制度」もありますので、実際に使用して60日以内の場合、自分に合わない時は返品も可能です。

これから寝苦しい夏を迎えるこの時期に、トゥルースリーパーを試しては如何でしょうか?

posted by トゥルースリーパー at 00:39| Comment(0) | トゥルースリーパー 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰が痛い私がトゥルースリーパーを使った感想

私は高校の時の部活動で腰を痛めています。それ以来、変な体勢で寝たりすると腰が痛くて座ったり、立ったり、寝転んだりという行為がつらいときがあります。

日ごろから膝を伸ばした状態で仰向けで寝ないように心がけてはいますが、寝てしまったらどのような体勢で寝ているかなんてわかりませんよね。

私の彼氏もよく腰が痛くなる人なのですが、トゥルースリーパーってどうなんだろうと聞かれました。

ちょっとお値段が高いので即決で購入という決心はできませんが、とっても気になっています。



ニトリの低反発マットレスは父の日にお父さんに買ってあげたら喜んでくれたので、それでもいいのかなと思いますが、安いだけあってすぐにだめになるのでは・・という思いもあります。



やっぱりトゥルースリーパーが気になってしょうがないんですよね。

どれくらいの寝心地なのかもきになるし。

高反発っていうのもちらちら見るけどやっぱり低反発のほうがよく目にするし、よく聞く。

睡眠に関しては熟睡できるのがベストだと思うから一度でいいからトゥルースリーパーを試してみたいです。

高い買い物だからこそ試してから購入したいって人は多いのではないかなと思います。

低反発・トゥルースリーパーで腰痛と無縁になると考えれば手頃な買い物なんでしょうか。

posted by トゥルースリーパー at 00:35| Comment(0) | トゥルースリーパー感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。